木村歯科医院のコロナウイルス対策

常時換気をしています

医院入口、診察室入口、窓等を常時開放して、十分な換気を行っています。
また、サーキュレーターを使用し室内の空気を強制換気しています。

待合室の椅子の間隔を
広くしています

ソーシャルディスタンスを確保の為に、椅子の間隔を広くしています。

おもちゃ、雑誌等、
撤去しました

待合室の雑誌、パンフレット、キッズスペースのおもちゃ、物販、診療室内の患者様用カゴ、膝掛けは、患者様の相互感染予防の為、撤去しました。
寒さ等で膝掛けが必要な時は、スタッフにお声がけ下さい。

待合室の消毒を徹底しています

定期的に、ドアノブ、待合室椅子、受付カウンター等のアルコール消毒をしています。
待合室トイレ、洗面所は、患者様使用ごとにできるだけ消毒いたしますので、ご使用の際は受付にお声がけ下さい。

コロナ対策問診票の記入をお願い致します

患者様来院時には、必ず検温とコロナ対策問診票の記入をお願いしています。
また、患者様使用後の体温計、ペンは、患者様毎にアルコール消毒しています。

診療室入室時は、アルコール消毒をお願い致します

診療室入口に、ノータッチ式アルコール消毒ディスペンサーが設置してあります。
診療室入室時は、アルコールの手指消毒にご協力をお願い致します。

治療開始前に、イソジンでのうがいをお願い致します

ユニットに座りましたら、口腔粘膜、上気道消毒の為、イソジンガーグルでのうがいをお勧めしています。
アレルギーがある方や、イソジンが苦手な方には、他のうがい薬をご用意いたします。

診療で使用する衛生材料は使い捨てにしています

患者様のエプロン、コップ、ヘッドレストカバーは、患者様毎に使い捨てにしています。
また、スタッフ使用のグローブも、患者様毎に交換しています。

集塵機を導入しています

補綴物を削るなどの処置時には、集塵機を用いることで、汚染物の拡散を防いでいます。

口腔外バキュームを導入しています

歯を削るなどエアロゾルが発生する治療は、口腔外バキュームと呼ばれる歯科用大型粉塵吸引器を使用し、エアロゾル飛沫感染の防止を行なっています。

治療終了後の消毒を徹底しています

治療終了後、患者様が使用したユニット、患者様が接触したと思われる場所は、全てアルコール消毒し、患者様の相互感染を防いでいます。

使用器具は、
滅菌しています

治療で使用した器具、切削ドリルなどは、患者様毎に十分に洗浄し高圧滅菌器にて滅菌しています。滅菌パックを使用することで、使用するまで無菌状態を保っています。

スタッフの体調管理を徹底しています

スタッフ全員、毎日の検温とスタッフ用コロナ対策問診票を記入し、体調確認を行なっています。
また、スタッフ出勤時や歯科業者が診療室に入室する時には、手洗い、イソジンうがい、アルコール消毒液による手指消毒を徹底しています。

スタッフは、マスク、ゴーグル、キャップを着用しています

診療時の飛沫感染予防の為、歯科医師、全スタッフは、常時マスク、ゴーグル、キャップを着用しています。
受付もゴーグル、マスク着用とし患者様との相互感染予防をしていますのでご了承ください。

診療に必要な材料の在庫は十分確保しています

診療に必要なマスク、消毒液など衛生品を含む全ての材料は、数ヶ月分準備しています。

プライベートでの感染対策も徹底しています

全てのスタッフおよびスタッフの家族にも、アルコール消毒液、マスク、ゴーグルを配布し、プライベートでの感染対策も義務付けています。

待合室などの空間除菌をしています

空間除菌の「クレベリン」を使用しています。空間や物に付着したウィルス・菌を二酸化塩素分子により除去する効果があります。

当院でコロナウイルス以前から使用しているアルコール消毒以外の複合洗浄除菌システム

当院では、次亜塩素酸ナトリウムより強力な除菌力を発揮する「フィリオ30(次亜塩素酸)」と ナノ洗浄剤の「ロータスクイーン」による複合洗浄除菌システムを導入しております。

ページのTOPへ